冬の駅

「知らなかったぼくらの戦争」 アーサー・ビナード

 戦後七十年の一昨年、英語にはない「戦後」という意味を考えてみたいとビナードさんが始めたインタビュー。自身のラジオ番組で紹介したものを書籍化した本である。短いインタビューだが様々な戦争体験が語られている。掲載のビナードさんとのツーショットからいくらもたたない内に亡くなっている方が多く、その点でも貴重な最後の証言の数々だ。中でも初めて知ったのは、米軍が原爆投下後も終戦日前日までファットマン型(長崎県型原爆)の投下実験を繰り返したという事実。これはもう日本との勝ち負けとは無関係な戦後世界で主導権を持つためだけの実験で、この実験でも当然ながら何人も犠牲になった。この事実を明らかにしたのは愛知県の社会科の先生(金子力さん)で、身近にそういう立派な方がおられたのは驚きだった。その他にも奇襲攻撃といわれる真珠湾攻撃もそう見せかけたアメリカのプロパガンダで、実際はすべてお見通しであって航空母艦などは避難していたなど、そんなことも初耳だった。ビナードさんはオバマさんの広島訪問にも厳しい目を向けていて、あの日オバマさんは慰霊碑の前で演説をしたのだが、その場にも核の発射司令装置一式(核のフットボール)を持ちこんでいたそうだ。「核のフットボール」などという言葉は知らなかったが、大統領が常に携帯しているとは聞いていた。しかし、日本のマスコミはその矛盾に一言も触れず、ただ被曝者を抱きしめた一瞬だけを美しい和解のように報道したのだ。ビナードさんは1967年生まれのアメリカ人。だが、その人間的な眼差しと深い考えにただただ教えられることばかりだ。

 

 H殿の大学時代のサークルの仲間が亡くなった。お悔やみに来られる同じ仲間を駅まで迎えにいったのだが、どちらもあまりの風貌の変化になかなかわからなかったという悲しさ。ああ、歳月は残酷。

 

 

 

 

     歳月の変へし面影冬の駅

 

 

 

  

知らなかった、ぼくらの戦争

知らなかった、ぼくらの戦争

 

暮早し

 H殿がボランティア先で「ハヤトウリ」と言う野菜を頂いてきた。洋梨に似たずんぐりとした瓜である。薩摩地方で作られるので「ハヤトウリ」というらしい。半分にして皮をむき試食してみる。胡瓜よりは少し堅いが同じような歯ざわりで味はやや青臭い。検索したら漬物やサラダにとあるので、とりあえず浅漬にしてみる。H殿の農園ボランティアではいつも野菜がおまけに付く。出荷できないB級品やら同じボランティア仲間の生産物だったりといろいろだが、今日は他にもルッコラブロッコリーも貰ってきた。ルッコラも初めての野菜で、噛んでみるとぴりっと辛い。これも検索したらサラダがいいらしい。

 寒くなってきたから農園ボランティアもなかなか大変だと思うのだが週三回、熱心だ。昔取った杵柄でちょっとしたアルバイトも頼まれ、元気なのはありがたい。老人臭くなってきた女房を尻目に「それほど年取ったとは思えん」と嘯いてござる。

 

 

 

 

     横綱の勝ち見届けむ暮早し

 

 

 

 

f:id:octpus11:20171117073328j:plain

風呂吹き

 年の瀬なみの寒気になるというのでH殿と寒さに弱い鉢物を取り込む。株分けなどでだんだん増えて、物置や母家にも取り込みきれないのが困る。軒下に簡単なフレームを作りここにも入れたのだがこれで冬越しができるかどうか怪しい。まだ数鉢は本格的寒さまで待つつもり。

 

 予約本を受け取りに図書館に行き、結局「応仁の乱」は返却。今日は若松英輔さん、諏訪哲史さん、アーサー・ビナードさん、藤沢周平さん。そうそう、帰り際に書棚に「ヨーコさんの言葉」という大人の絵本(?)を見つけた。なんでもNHKの番組(こんな番組があったんだ)の書籍化ということで佐野洋子さんの文に北村裕花さんの絵をつけたものだ。立ち読みをしていて気に入り、借りてきた。洋子さんの文(読んだ気のするのもある)もいいが北村さんの絵もいい。つくづく洋子さんは腹の据わった詩人だなあと思う。

 そして四十だろうが五十だろうが、人は決して惑わないなどという事はないという事に気がつくと、私は仰天するのだった。

 なんだ九歳と同じじゃないか。人間は少しも利口になどならないのだ。

 私の中の四歳は死んでない。

 雪が降ると嬉しい時、私は自分が四歳だか九歳だか六十三だかに関知していない。

 

 

 

 

 

     風呂吹きや心の底に熱きもの

 

 

 

 

ヨーコさんの“言葉” それが何ぼのことだ

ヨーコさんの“言葉” それが何ぼのことだ

ヨーコさんの“言葉”

ヨーコさんの“言葉”

 

黄葉期

応仁の乱」  呉座勇一著

 ベストセラー本であり、司馬さんや内藤湖南先生が「応仁の乱」は歴史の転換点だと言われるし、これは読むしかないと借りてきたのだが、いやはや複雑で三分の一を残してお手上げ状態である。跡目相続の争いやら権力闘争、利害が複雑に交差して、くっついたり離れたり、弱体化した将軍家は朝令暮改は日常茶飯事、蝙蝠のごとく右往左往。負けたと思ったら復権し、勝ったと思ったら劣勢となる。こうして延々と続いたわけで面白いといえば面白いがうんざりする。第一勢力図が複雑で頭に入らない。雑紙に図を描いて読んでいたらTに同情(?)された。まあ「応仁の乱」がいかに消耗な戦いだったかはよくわかったし、その後の戦国時代の先駆けとなったのもよくわかったのですが・・・。

残り三分の一読みきるか断念するか、ベストセラー本として購入した人たちは読了されたのでしょうか。

 

 一挙に寒くなり「冬支度」が急かせれます。今週末は師走の寒さとの予報で小春日和はどうなったのでしょう。

 

 

 

 

     またひとつ旧知の訃報黄葉期

 

 

 

 

応仁の乱 - 戦国時代を生んだ大乱 (中公新書)

応仁の乱 - 戦国時代を生んだ大乱 (中公新書)

 

 

f:id:octpus11:20171114134140j:plain

隙間風

「歴史の中の邂逅 1 空海豊臣秀吉」 司馬 遼太郎著

 400ページもある随分と厚い本である。司馬さんの亡くなった後に、おそらく未収録の歴史の関するエッセイを集成したもので、一巻目は古代史から豊織時代までの内容である。司馬さんの語り口が懐かしくて読み始めたのだが、まとまった話ではないので時間がかかってしまった。どうやら司馬さんが好きなのは空海であり義経であり秀吉であったようで、この三人のことになると語り口が熱を帯びてくる。

 歴史上の人物の人物観というものはテレビドラマのなどの影響も大きいと思う、が司馬さんの本ほどではないかもしれぬ。息継ぎ、悩み、行動する人間としての姿を身近に感じたのは司馬さんのペンを通してで、従って彼の人物評価が常に背景にある。「空海の風景」などは随分昔に読んだきりだからもう一度読み直したいとも思う。

 司馬さんは、重農主義より重商主義を評価する。この点で室町から戦国にかけてを史上「唯一の日本人のアクティブであった時代」で「明るくて、風通しがよくて、個々の人生に可能性があった」時代というのだが、そう言われてみると日本人の革新的・挑戦的側面が立ち上がってくるような気がしてなんだか楽しくなるのは不思議だ。

 

 

 

 

     南朝の御座所とありぬ隙間風

 

 

 

 

司馬遼太郎 歴史のなかの邂逅〈1〉空海‐豊臣秀吉

司馬遼太郎 歴史のなかの邂逅〈1〉空海‐豊臣秀吉

 

お茶の花

姉を訪問と長沢芦雪

 どちらも名古屋市の中心部なので一緒に。姉とは日曜日に電話で話したばかりなのでおおよそはわかっていたが、実際に顔を見て元気だったのでほっとした。認知症も思ったほどは進んでいない。こちらの顔を忘れたなどということはなく、我が家の家族のことも聞いては懐かしがった。ただ父がすでに彼岸の人ということは信じられないようで、いつも元気かと訊ねる。足が覚束なくなっているのだが、「まだ泳いだら泳げるかもしれない」と言うのは願望でもあるのだろう。姉は水泳でマスターズの記録をいろいろ持っていたほどだったから。現状に不満なのはわかるけれど、「よほど幸せな人生だったじゃない」と言ったら「そうだったわねぇ」と嬉しそうな顔をした。だんだん消えていく記憶の中で、夫に父に愛されたという記憶は過去を照らす灯りのようなものなのだろう。連れ出して喫茶店で話をしたのだが、こちらが勘定をしたら「ごちそうさまでした」ときちんと挨拶したのには感心した。日頃の生き方がこういうふうにこういうときでも出てくるものだと、心して置かねばと思ったことだ。

 

 姉を訪問の帰り道、愛知県美術館長沢芦雪展」による。「奇想の系譜」につらなる江戸中期の画家である。紀州串本の無量寺の「虎図襖」(下図 チケット)が有名で、今回それが見られるというのでよってみた。それは当然ながら面白かったが、それ以外もかなりの量の作品で見るのに少し疲れた。円山応挙の弟子で、師の作品を真似たものがかなりあったが、やはり応挙に比べると品下るような気がする。しかし、虎図もそうだが生き物を描いたものはユーモアが感じられて楽しい。帰宅して辻惟雄さんの批評を読んだら「宗達以来の<生きもの描き>の名手」としてあった。なるほどと納得。だが応挙や若冲ほどではないと思う。

 

 

 

 

     ほんとうは引っ込み思案お茶の花

 

 

 

 

f:id:octpus11:20171109215538j:plain

冬来る

 二十四節気の一つ、「立冬」。暦の上では冬である。庭に出たらすでに雪虫が飛んでいた。今年は長雨のせいで秋のいい時期が短かった。

 夜は急に冷え込む日も出てきたので鍋料理をと「土鍋」を出す。我が家には大・中・小と三つの土鍋があるが出番の多いのは中の土鍋。ところがこれが一番安い代物。しげしげと見たら、ひびが入っているのに気付いた。これではお払い箱かと思ったが、土鍋には「めどめ」という方法もあると思い、試してみた。水溶きの片栗粉を入れて煮るだけである。水漏れなどはないようだからまだ使えるかな。

 山茶花が咲きだした。紅はまだだが白は盛り。今年はチャドクガが酷くて葉が傷んでいる。

 

 

 

 

     土鍋出す頃となりたり冬来る

 

 

 

 

 

f:id:octpus11:20171107163743j:plain