敗戦日

 お盆でも病院の診察はいつもどおりということで先日の検査結果を聞きに行く。CTで見えるかぎりはきれいになくなっているということで、まずは悪い結果ではないと言われる。しかし、さらに詳細な検査をしないことには確かなことはわからないと、来週には内視鏡検査、ふた月後にPET検査をすることになる。風邪かなにかのように症状がなくなったから完治といかないところが厄介だ。もっとも当方と同じ頃癌が見つかった翁長さんがもう亡くなってしまったことを思えば、悪い結果になっていないだけでも感謝しなくてはと思う。

 昼に帰宅。昼食の焼きそばを作りつつ胸のなかで黙祷する。わが齢と同じ73回目の敗戦の日である。

 

『カラスの教科書』    松原 始著

 「日本野鳥の会」の機関誌で著者とこの本のことを知った。なかなか軽快なタッチの楽しい本である。

まずカラスという鳥はいないらしい。町中にいるのはハシブトガラスハシボソガラスで、多分我が家を縄張りにするのはハシブトガラス。カラスは案外長生きで飼育下だと40年も生きるらしい。一夫一婦制で基本的には毎年同じ連れ合いと営巣するらしいが、中には離婚もあるという。営巣中は縄張り意識が強いらしい。確かにカラス同士の大喧嘩を見たこともある。巣立つ雛はせいぜい一羽か二羽で、それも毎年うまく育つとは限らない。うちでも巣立ちしたばかりの雛を猫がかみ殺したこともあった。子育て中は非常に警戒心が強い。そういえば一昨年には頭をキックされた。最大の攻撃は背後からの頭キックでまちがっても前からは来ないらしい。これはカラスも人間を恐れているからと著者の意見。カラスは大食い。小雨の降る今も畑をうろつく二羽を見るとこれも納得だ。カラスは賢い?まあ愚鈍なハトよりは人間的知恵はあるらしい。

 などなど身近なカラスに関するあれこれでカラスを見る目が変わったことは確かだ。だからといって優しくしてやろうという気にはとてもなれない。

 

 

 

 

     丸刈りの球児躍動敗戦日

 

 

 

 

カラスの教科書 (講談社文庫)

カラスの教科書 (講談社文庫)

 

f:id:octpus11:20180815154449j:plain

帰省

 「大気不安定」の予報に違わず午後になり雷雨。何日分をまとめたような降りかたで一時は短時間あたりの大雨警報もでるほど。これで草花は一息ついたのは間違いない。もっとももう手遅れというのも現実で「もう今年の野菜は諦めた」という声も聞く。我が家も例年なら消費できないほどのゴーヤすら出来ず採れるのといったらオクラぐらいしかない。

 明日からの盆の用意で暑い中墓掃除に行く。自分の考えでは墓は苔むすくらいでいいように思うのだが周りが綺麗に磨かれるから形だけでも洗ってきた。一昨日かテレビの「風土記」で各地の盆行事の特集をやっていたがこの辺りは全くシンプルで助かる。仏壇にはちょっとしたお供えをしてあとは提灯をさげて墓参りをする程度である。その提灯はどういうわけか紅白の縞模様である。

 そんなわけでたいした行事はないのだが明日はY一家がきてくれるという。亡き人を偲んでみんなで楽しく会食するのも供養になるかもしれない。

 

 

 

 

     父母の家更地になりて帰省せず

八月

流れる星は生きている』   藤原 てい著

 毎年この時期は戦争文学を読むことにしている。このふやけきった時代に、せめてあの戦争の悲惨さを忘れないためと亡くなった人々を悼んでのつもりである。

 今年はTの本棚にあったこの本にした。戦後の話題の本であったというから気にはしていたのだが辛い話であろうと平生は躊躇していた。著者は新田次郎夫人、藤原正彦さんのご母堂である。敗戦間際の旧満州から一年以上をかけての引き上げの記録。それも五歳と二歳と生後一ヶ月の幼子を連れての食うや食わずの飢餓の一年、悲惨な記録である。読んでいる途中に三人の子どもさんの誰かが亡くなるのではないかと気が気ではなく、端折って後半を読み三人とも無事に帰り着かれたことを知ってまず安堵した。それにしてもていさんは強い母親であった。何度も命の危機はあったのに、知恵や勇気やときには屈辱にも耐えて子どもたちを守りぬいた。とても真似はできそうもない。それでもいざとなれば母は強くなれるのだろうか。そんな辛い母性が試されない時代で本当に良かった。

 戦争だけは絶対に駄目だとわかりきっているのに、世界の紛争地では今もていさんと同じような悲惨な難民の親子の姿がある。こういう人間の愚かさに時に絶望的な気持ちに襲われる。

 

 

 今日はこれからひと月半ぶりの病院である。昼食ぬきでCT検査。その後の経過観察である。検査結果は一週間後ということだ。体重もすこしずつ回復して気持ち的にはあまり心配はしていない。

 

 

 

 

     八月や忘れてならぬこと数多

 

 

 

 

流れる星は生きている (中公文庫)

流れる星は生きている (中公文庫)

青蜥蜴

 何十年ぶりかに野生のカブトムシが現れた。

暑さで散った病葉を掃いていて見つけたものだ。コガネムシにしては大きいなと家人を呼んでカブトムシのメスにちがいないとなった次第。落ちた柿の実を皮だけ除いてきれいに食べている。少し元気がないように見えるが静かに見守ることにする。昔々夜の光に飛び込んできた記憶はあるが、何十年前だったか。ごそごそ我が家にはまだ自然が残っているらしい。

 そう言えば今年はこれも何十年ぶりかで青蜥蜴を見た。綺羅をきらめかす青蜥蜴はニホントカゲの幼体らしいが長いこと見なかった。蜥蜴といえばカナヘビの茶色ばかりで猫が捕らえてくるのもそればかり。絶滅したのかと思っていたのだが今年は三回も現れた。

 一方、今年庭で見ないのはトノサマガエル。少し前までは庭の睡蓮鉢に何匹も涼んでいたのに今年は一度も見ない。睡蓮鉢もお湯になる暑さだから当然かもしれないのだが。

 

 

 

 

     境内のラジオ体操青蜥蜴

 

 

 

 

f:id:octpus11:20180804102142j:plain

熱帯夜

『綾蝶の記』   石牟礼 道子著

 逝去後のエッセイ集である。三部に分かれていて、変わらぬ水俣病に関しての発言や自分史についての講演・インタビューや対談・書評も含む。私なぞにはとても掴みきれぬ人であるが、石牟礼文学に脈打っているものは言葉以前への感性への関心というか憧憬というかそんなものであるような気がする。白川静先生へのなみなみならぬ敬譲も梁塵秘抄への傾倒も、神や仏、聖なるものとの原初の交信を追い求めてのことにちがいない。

「人間社会にほうり込まれて見れば、この世界は、大自然の中ではまことに人工的、計算的で従って矮小で、毒臭さえ放っている。」と言わしめたこの世から飛翔して、今は無限の光のなかで綾蝶(あやはびら)として羽ばたいておられるであろうか。

 

 

 今日は長い間気になっていた換気扇フィルターの掃除をする。いつもあまり汚れないうちにと思いながらついつい億劫で一年に一回になってしまう。暑い時期のほうが汚れが落ちやすいと大決心で開始。面倒なことに取り組むだけ気力が回復してきたかな。

 当地は今日も40度近い猛暑となりそうだ。

 

 

 

 

     赫々と火星接近熱帯夜

 

 

 

 

 

綾蝶の記

綾蝶の記

炎昼

『ラブという薬』    いとうせいこう星野概念

 トシヨリでスマホも持たない当方は、SNSの世界を渉猟するということはまずない。ところが今やや若い人にとってはSNSの世界は片時も切り離せぬものらしい。いとうさんによればスマホを瞬時でも忘れるというアプリもあるらしいから、相当重症化していると考えてもいい。そうなると魅力もあれば毒もあるということで、そのため社会全体がギスギスしているとか低年齢化しているとかは、トシヨリでも聞かない話ではない。

 この「きつい現実」にいとうさんと星野さんは人間関係での「傾聴」と「共感」の大事さを強調する。実は星野さんというのは精神科医でいとうさんの主治医でもあるのだが、カウンセリングを受ける患者対医師の構図の延長線上にこの対談がある。つまり「傾聴」と「共感」はいとうさんが星野さんとの出会いから学んだことなのだ。この星野さんというのがお若いのに随分度量の広い人のようで(職業的訓練もあるのでしょうが)何か悩みがあるならこういう人ならじっくり話を聞いてもらえそうだ。精神科受診のハードルを下げることもこの本の目指すところらしいがその点でも企画は成功していると思う。

 いろいろ弊害はあってもこんなトシヨリでも今やSNS抜きに暮らしは成り立たない。いいのか悪いのかともかく世の中は変わってきたのだと痛感する。

 

 

 

 

     炎昼の戸を閉ざしたり老いの家

 

 

 

 

ラブという薬

ラブという薬

 

夏台風

 台風12号が東海地方に上陸するというので、昨夜は雨戸も閉め植木鉢なども棚から下ろして就寝した。ところがこれは幸いということなのだが、雨すらほとんど降らず拍子抜けして元にもどしたのだ。ところがところがこれで終わらず。吹き返しが予想外に強く今日になって花鉢が転がることに。結局二鉢も割れてしまった。一日たった今でも山口辺りにのろのろしているようで全く異例の台風である。

 

 さて今朝は猫と散歩のご老人と遭遇した。リードもつけずにつかず離れず後を追う猫に驚いてぼんやり見ていたらそのからくりが読めた。ご老人は餌を片手に少しずつ与えながら誘導されているのである。なるほどそういうやり方もあるのかと感心した。台風の名残の風の中をふわふわと立ち去る一人と一匹、いい眺めだった。

 

 

 

 

 

     夏台風天邪鬼と命名す

 

 

 

 

f:id:octpus11:20180729173931j:plain