蕗味噌

天野忠詩集』    天野 忠著

 稔典さんの本で知って県立図書館で借りてきてもらった一冊。わかりやすく心に沁みる詩が多い。この詩集(日本現代詩文庫 土曜美術社)には、おそらく編集順だと思うが九つの詩集と詩画集とエッセイが収録されている。若いころとおもわれるものは貧乏や病気や死や生きにくさがテーマで、だんだん年齢をかさねると夫婦や家族や老いがテーマになってくる。

私のとなりに寝ている人は

四十年前から

ずうっと毎晩

私のとなりに寝ている。

 

夏は軽い夏蒲団で

冬は厚い冬蒲団で

ずっと毎晩

私のとなりに寝ている。

 

あれが四十年というものか・・・・・・

 

風呂敷のようなものが

うっすら

口をあけている。

                           「時間」より

どれもいいが、老年になってからの婆さんと爺さんの出てくる詩が今の気持ちにはぴったりとくる。はてさて私の隣の風呂敷のようなものは四十年どころかもうすぐ五十年も一緒だが・・・。

いろんなむかしが

私のうしろにねている。

あたたかい灰のようで

みんなおだやかなものだ。

 

むかしという言葉は

柔和だねえ

そして軽い・・・・・

 

いま私は七十歳、はだかで

天井を見上げている

自分の死んだ顔を想っている。

 

地面と水平にねている

地面と変わらぬ色をしている

むかしという表情にぴったりで

 

しずかに蝿もとんでいて・・・・・・。

 

                           「私有地」より一部分

 天野忠氏、平成五年逝去。享年八十四歳。

日本現代詩文庫 11

日本現代詩文庫 11

 

友達のIさんと電話で「そろそろ蕗の薹の頃だね」と話して、さっそくいくつかの蕗の薹を庭で摘んだ。陽だまりにはオオイヌフグリも咲き出して少しずつ春は始まっているようだ。初採りの蕗の薹は父が好きだった蕗味噌にしようか。

 オリンピックも半分終わり、あまり「メダルメダルと言うな」と言いつつやはりメダルには感動。小平さんの「金」の瞬間にはちょっとうるうるした。

 

 

 

 

     蕗味噌や母亡きのちの父のこと

 

 

 

 

 

f:id:octpus11:20180220135812j:plain

 

 

卒業

『竹林精舎』  玄侑 宗久著

 七年ぶりの書下ろしである。大僧侶に対して失礼な言い方かも知れないが、玄侑さんは真面目である。いつも真正面から物事に対峙しておられるところが好きで今回の一冊も期待して手に取った。

 一言で言えば、東日本大震災で両親を亡くした若者が仏の教えに導かれながら福島の小さな禅寺の住職として自立していく話である。若者らしい苦悩や放射能汚染という福島の現実があるなかで、一歩づつ前向きに進んでいこうとする宗圭という若い禅僧には好感がもて、庇護者のような気持ちで一挙に読めた。

 「放射能は怖がらなけれがならないのか、怖がりすぎてはいけないのか」この本にもいくども出てくる問題。「安心もするし不安も感じる」という友人の僧侶敬道の言葉は著者自身の見解だと思う。いたずらに不安を煽ることで福島の人々が被っている苦悩は大きいと思うが、だからといって汚染された現実を全く大丈夫と容認もできないということだと思う。福島に住む当事者だからこその深刻な問題意識を、こんなふうに簡単に片付けることに後ろめたさを感じるのだが、端に住む人間にはもう忘れかけた意識だから改めて考えさせられた。

 それにしても宗圭の「死者」に対する真摯な姿勢には感心した。戒名をつけるのにもあのように生前の人となりを聞き、その人柄にふさわしいものがつけられるとは。おそらくそれは玄侑さんのやり方なのだろうが、羨ましいことだ。こういう真摯なお坊さんが多ければ今の仏教も捨てたものではないが・・・。

 

 

 

 

 

      希望てふ白き画布あり卒業す

 

 

 

 

竹林精舎

竹林精舎

料峭(りょうしょう)

『椋鳥日記』   小沼 丹著

 この本について書いておられるブログを読んだ。Tの書棚にあったはずと出してくる。筆者のイギリス在住時のもので八編からなる短編小説集らしいが、小説というよりはエッセイという趣だ。プロットらしいものはなく淡々とした日常報告である。イギリスの街角の風景、市井で出会った人びと(それも老人が多いのだが)、疲れて入る食堂や居酒屋、そんなことが随分古めかしい表記で書かれている。どのくらい古めかしいかというと、ロンドンは倫敦、アイルランドは愛蘭、もっとすごいのは莫斯科・西班牙となる。仮名がなければ読めやしない判じ物もののようなこの二つはモスクワとスペインである。こんな表記と共に描かれる倫敦だからどんな昔かと思えば、七十年代初めの頃なのだ。そういうことではこれは小沼丹の創作したロンドンかもしれない。

 小沼丹といえば彼と親しかった庄野潤三が一時期はとても好きだった。それこそプロットらしいものがない淡々とした家族風景だったが、その暖かさが好ましかった。あまりに毎回同じような展開に晩年の作品を読むのはやめてしまったが、ネットにフアン掲示板のようなのがあるのには驚いた。いまでも好きな人は多いようだ。その掲示板に庄野さんのご家族の書き込みがあり、昨年奥様も亡くなったことが報告されていた。ああ、光陰は矢のごとし。

 

 さて、昨日かかりつけ医のところに出かけ健康診断の一環で身長測定もする。体重は減ったことはわかっていたが身長も若い頃から比べると5センチも縮んでいる。背中が丸くなっているといつもH殿に注意されるのだがこんな数字をみるとガックリとくる。孫に背筋が伸びていると言われたH殿はいつも元気である。

 

 

 

 

     料峭や本堂で聴く仏典解

 

                       *料峭とは春になっても寒いこと

 

 

 

 

椋鳥日記 (講談社文芸文庫)

椋鳥日記 (講談社文芸文庫)

 NHKBSで映画「ビューティフル・マインド」を見た。別に見るつもりはなかったのだがあまりの寒さに暖房の部屋で縮こまっているうちに見てしまうことに。

 アメリカ映画で実在の人物「ジョン・ナッシュ」を扱った話だ。実は、彼がノーベル賞を受賞した数学者だということも彼が長い間精神を病んだということも知らなかった。見終わった後調べてみたら映画ほどキレイ事ばかりではなかったようだが、彼が長い闘病の果てに大学に復帰し、ノーベル賞を受賞したというのは事実そのものらしい。映画のなかで彼の妻が「(回復の)可能性にかけてみるの」と叫んだ一言は物語の核心に迫る言葉でなかなか感動的でもあった。

 昨日、一昨日と二日続けて大学に合格したTの教え子の訪問を受けた。二人は夫や私のかっての教え子でもあり、幼かったころからの思い出話も含めていろいろ話がはずんだ。そのうちのY君は中学の頃はなかなかの問題児でパトカーに乗ったことを自慢していたくらいだが今やすっかり勉強家に変身、大学では電子工学に取り組むという。小中学校で手に負えなかった子がすっかり変わったというのはY君に限らずいくつも見てきた例で、長い時間をみてこなければわからないことだった。

 それやこれやを考えれば長い人生に紆余曲折はつきもので棺の蓋を覆うまでは何が是で何が非かわからないということなのだろう。そうはいっても凡夫の悲しさ、目先の結果にとらわれてすっきりと悟れぬのが残念。

 二月十日 石牟礼道子さん逝去。

 

 

 

 

     ひとすじの道尊けり梅白し

 

 

 

 

ビューティフル・マインド [DVD]

ビューティフル・マインド [DVD]

 

囀り

 オリンピックが開幕してNHKのテレビ番組はオリンピックばかり。そんなに興味のある人がいるのかしらんと思ってしまう。オリンピック番組はなおさらもともとあまり見たい番組もないテレビだが、二つほどビデオを取ってでも見ている番組がある。どちらもNHKの番組の「やまと尼寺精進日記」「ザ落語ザ・ムービー」

 前者は奈良の談山神社近く音羽山観音寺に暮らす三人の女性の生活報告。ご住職と副住職とお手伝いさんの三人だが、この三人がいつも明るい。笑い声が絶えないうえに暮らしぶりが実に豊か、仏教の宿泊道場のようなもの兼ねておられるせいかお料理などの工夫も効いている。いつも感心しきりで見て、明るい気持ちにさせられている。これはたいてい月一回Eテレでの放映のはず。

 もうひとつの方は落語の語りに口パクで芝居を被せたもの。これがピッタリと合っていて面白い。落語もいいが芸達者な芝居もいい。これは月二回ほどかしらん。どちらもお薦め。

 これ以外で家族で見たりするのは「ブラタモリ」。季節によっては火野さんの「こころ旅」。民放はほとんど見ないからNHKの受信料を払うのもやむなしである。

 

 

 

 

     ほしきものききみみ頭巾囀れり

また歳時記が戻ってしまったが掲載句の都合上ご勘弁を。原石鼎の句ではないが庭の蜜柑の木の下で青鷺がぼんやりしていた。全くぼんやりとしかいえない風情でかなり近づいても逃げない。怪我でもしているのかと思ったほどだ。我が家は川の隣だから大檜のてっぺんに鷺がいるのはよくあることだが庭にいたのをみたのは初めてだ。今日の陽気に日向ぼっこかしらん。

 寒い寒いといっても着実に春は近づいているらしくいつもこの時期に現れるシロハラもよく見かけるようになった。

 

 

 

 

   雪に来て美事な鳥のだまり居る   原 石鼎

 

 

 石鼎の見た鳥はなんだろう。庭などではなく雪原などに飛来した鳥を想像したらいいのか。だが遠景ではないだろう。清水哲夫は「増殖する歳時記」の中で「石鼎は美事な鳥をみていないのではないか」という。「美事」といい「だまり居る」といい存在感はあるのだが実感がともなわずその点で胡散臭いと評している。

 

 

f:id:octpus11:20180209160929j:plain

冬終わる

 マルティナさんの「腹巻き帽子」ができた。もっとももともとの「腹巻き帽子」とは違う。先に編んだYが「テキストどおりに編むと案外重いよ」と教えてくれたので同色糸だけで「帽子」というより「ネックウオーマー」を目指した。表目と裏目だけだが綺麗な模様ができてなかなかだ。 まだ当分寒そうなので重宝しそうだ。もうひと巻きのほうは何か別なものを編みたいと思う。もうひとつテキストと違うのは編み出しがマルティナさん風にドイツ式作り目でないこと。なかなか手加減がわからずに結局いままでの作り目で編み始めた。何らかわりはないと思うのだがどうかしらん。写真は家人に頼んだがアラがわかるのでできるだけ小さく・・・。 

 

 

 

 

      黐(もち)の実の食べ尽くされて冬終わる 

 

 

 

            f:id:octpus11:20180208095929j:plain