残暑

台風が去っても涼しくなるというわけではないが、それでも日が沈めば少し秋めいた気配も。昼間に椋鳥が大挙して押しかけ庭の柿の木で大騒ぎを繰り返していたのも秋といえば秋だ。

 先日NHKで「大伴家持」についての番組が放映され、その意外な生涯に興味を持った。おおかたのところはわかったのだが、もう少し詳しく知りたいと北村先生の本を借りる。

 この先生の本は前に『柿本人麻呂』を読んだことがある。解説によれば大伴家持についてのまとまった研究書というものは以前は少なくて、先生の研究あたりがその嚆矢らしい。先生は国文学者ではなくて歴史学が専門のようだから、白鳳から天平にかけての政治的背景が詳しく述べられているが、読んでも頭に入らないのはいつものことだ。

 まだ四分の一ぐらいしか進んでないが今までのところをまとめると

 家持は旅人の子だが随分遅い子であった。旅人54歳の子というから驚きである。正妻大伴郎女の子ではなく庶子で弟も妹も同様らしい。彼が10歳の時父旅人は太宰府の長官になり九州に赴任、長子の彼も帯同する。その頃の太宰府には筑紫の国守であった山上憶良なども交えて文化的気風があったことは今回の元号制定でも取り上げられた。

 二年後に都に戻った大伴親子であるが間もなく父は病を得て亡くなる。家持14歳の時である。まだ官職も持たぬうちに後ろ盾になる父を失ったわけだ。

 主を失った家を支えたのは旅人の妹、つまり叔母の坂上郎女。大変な才媛だったようで、この叔母の歌がいくつも万葉集に収録されていることから家持への影響は大きかったと思われる。16歳頃から気にかかる歌を記録し始めたらしい。青春期、気にいった詩歌をノートに拾い出すというのは私にも記憶がある。

 

さて家持がこの後どのように成長していくのかは、またの機会に。

 

 

 

 

     庭の木に椋鳥(むく)騒ぎゐる残暑かな 

 

 

 

 

大伴家持 (平凡社ライブラリー)

大伴家持 (平凡社ライブラリー)

f:id:octpus11:20190818100142j:plain

 

終戦日

『帰郷』 浅田 次郎著

 戦争体験はない作者による戦争文学である。すべてフィクションではあるがどれもがありえたと思える話である。

 表題作の「帰郷」は玉砕の島から九死に一生を得て帰った男の話である。残した妻や子に会えるのを生き抜く励みに帰郷すればすでに戦死をしたと墓石まで作られ、さらに妻子は弟の家族になっていたという悲劇。こういう事実はうちの町内にもあったことで戦死が真実だと信じられてきたからこそ悶着はおきなかっただけである。

 「無言歌」は太平洋の海底に沈んだ潜水艇の中での緩慢な死の話。

 先週はテレビで「ガダルカナルの地獄」を見たし、今日は少し前の話題のアニメ「この世界の片隅で」も見た。

 生きてきた74年、戦争を知らない世代でほんとうに良かったと思うばかりだ。

今日の正午にはそういう思いも含めて亡くなった人々へ祈りを捧げた。

 

 さて、台風も含めて例年になく落ち着かない盆であった。

 

 

 

 

 

     ぶすぶすと烟る残り火終戦

 

 

 

 

帰郷

帰郷

     

 

法師蝉

『子どもたちの階級闘争』  ブレイディみかこ

 少し前の話題の本である。筆者は英国在住二十年、かの地で託児所勤務を通してのイギリス社会の現状報告といったらよいだろうか。もちろん報告書などという味気ないものではない。彼女が肌で触れ合った子どもや仲間たちのユーモアと悲しみのある話であり、絶望もあれば希望もある話でもある。

 私達はイギリスのロイヤルファミリーや歴史については案外詳しいのだが、現実のイギリスはよく知らないとつくづく思い知らされた。ことにイギリス社会の階級差別の現実、「チャヴ」と蔑称で呼ばれる白人の最貧困層は移民にすら蔑視されている。

 階級分離というのは保育施設の利用においてもはっきりと意識されていて、恵まれない家庭の子どもたちは慈善団体が運営する無料託児所を頼ることになる。筆者はそういう託児所で何年かに渡ってボランティアをするのだがその何年かの間に大きく変わっていく現実。政権の変化のためだ。労働党政権が保守党政権に変わり、潤沢な福祉財源が緊縮に変化する。底辺保育所は緊縮保育所に変わりそして閉鎖、最終的にはフードバンクに姿を変える。もちろんそういう政策により翻弄されるのは弱い人々であり中でも弱い貧しい子どもたちなのだ。

 EU離脱という路を選択したイギリスのその後は今や混乱の極みにもあるようにもみえるのだがこの本をよむかぎりではまだまだ我が国は及びもつかないと思うところもある。

 最近でこそ「虐待」という問題が大きく取り上げられるようになったが、それでもいつも問題になるのは「児童相談所」の始動の遅さである。かの国では「虐待」かどうかの判断は非常に厳格で毎日決まった時間にお迎えに来ない親はそれだけでネグレクトと判断されたり、ソーシャルワーカーは育てる能力がないとみると直ぐに子どもを公的施設に移すので親の方が戦々恐々としていたりということもあるようだ。子どもは公のものという意識が強く、公で育てるということが徹底しているとも思う。

 他にもなるほどと思ったのは保育での教育カリキュラムの存在である。ひょっとしたら我が国にもそういうのはあるのかもしれないが、このカリキュラムのひとつに「子どもたちは小学校に入学する前に自分の意見をしっかり述べ、他者を説得する姿勢を身につけねばならない」というのがあるらしい。それで四歳児がディベートの学習をするのだが、これがちゃんとした話し合いになっているのには全く感心してしまう。

 まだまだ他にも、例えば保育士ひとりあたりの保育児数などは全く比べものに成らないほどで「ブロークン・ブリテン」などといっても民主主義国家としての歴史が違うと思わざるをえない。

 

 

 毎日が猛暑でつくづく疲れてきた。しかし季節は徐々に移ろているのは確か。今日は法師蝉の初鳴きを聞く。今も闇の中から虫の声がしきり。

 

 

 

 

           湖へ下る坂道法師蝉

 

 

 

 

 

原爆忌

原民喜』 梯 久美子著

 いきなり自死の件から始まる悲しい話である。

 彼は、子どもの頃より人一倍繊細な自意識の持ち主であった。今で言えばいじめのような就学時代は、殻に閉じこもって一言も発しない子どもだったらしい。

 そういう年頃にだれよりも彼の心の庇護者であった父を亡くし姉を亡くした。彼の文学の「死」への親しさはここから始まり、後には愛する妻への鎮魂歌ともなる。

 世間知というものが全くなかった原を支え信じ励ましたのは妻であった。が、結婚後六年で発病して十一年半という短さで「夢のような暮らし」は終わった。

 妻の死後も原は彼女に語りかける言葉を綴り、それが続く間だけ生きようと思った。

 妻の初盆の墓参りをした翌々日、広島の上空で原子爆弾が炸裂した。爆心地から1・2キロの被爆であったが厠にいた彼は直射光線を浴びずに外傷はなかった。

 家族と避難しながら凄惨な現実を目にする。

 「我ハ奇跡的ニ無傷ナリシモ、コハ今後生キノビテ コノ有様ヲツタヘヨト天ノ命ナカランカ。」

主に心象風景を書いてきた彼が決然と変わった時である。客観的で冷静な観察眼をもって書かれた『夏の花』の登場である。

 当時はまだ占領下で『夏の花』の上梓には紆余曲折があったがそれでも活字になり評価も受けた。しかし暮らしは如何とも貧しく、厳しい戦後の都会の中で不器用な彼は追い詰められていった。

      

              碑銘     

 

          遠き日の石に刻み

              砂に影おち

          崩れ墜つ  天地のまなか

          一輪の花の幻

      

原爆ドームのそばに建てられたという原の詩碑である。

 

 

 

 

        食卓に家族分の箸原爆忌

夏休み

『猫のためいき鵜の寝言 十七音の内と外』 正木 ゆう子

 随分と長い題名のエッセイである。

 「変な書名とおもうけれども、拙文もため息や寝言の類であるし、このところずっと『猫のためいき鵜の寝言 十七音の内と外』が調子がよく頭の中で鳴り止まないので、書名とした。」とあとがきにある。

 新聞に掲載されたコラムを纏めたものでひとつひとつは800字以内。最後に毎回著者の俳句がある。俳句は今までに読んだことがあるのもあれば初見のもある。気に入った次の二句は先にも読んだことがあるものだ。

 原つぱも不敗の独楽も疾うに無し

 ものさしは新聞の下はるのくれ

「言葉とは不思議なもので、想念を俳句にすれば、あっさりと片付けることができるのである。

 十七音の俳句という小さな箱に入れ、ラベルを貼って棚に仕舞う。思いはもう私のものでなく棚に並べて眺めることができる。」

まさに言い得て妙。ずらりと並んだ俳句は時々の想念の標本にちがいない。

 

 夏休みになって高校生の孫が毎日勉強にやってきている。怠けた彼はここが挽回のしどころだからしかたがない。昔、無謀にも休み中に数学の問題集を一冊仕上げると友人に豪語して掛けに負けたことなどを思い出す。

 「戦争と平和」やら「風とともに去りぬ」に挑んだのもやはり夏休みだったような。今のように我が家は冷房もなかったから本を抱えて風通しのいい部屋を転々とした記憶だ。

 

 

 

 

 

     スカーレット・オハラゐて遠き日の夏休み

 

 

 

 

猫のためいき鵜の寝言 十七音の内と外

猫のためいき鵜の寝言 十七音の内と外

f:id:octpus11:20190805163008j:plain

 臭木の花である。臭木というだけあって葉や茎は臭いが花はとても華やかでいい香りだ。青い実になればとてもいい染料になると志村さんの言葉。

八月

原民喜戦後全小説』 原 民喜著

 毎年八月は「戦争関連文学」を読むことにしている。今年は原民喜の『夏の花』を読もうと思い、Tの本棚から掲出の本と『原民喜全詩集』、それから梯久美子さんの評伝『原民喜』を出してきた。まず梯さんの本の序章で彼の自死の件を読んで、その事実に暗然とさせられた。 

 その後でまず『夏の花』だけ読もうとこの本を手にしたわけだが、被爆体験を描いたこの本もまた重い内容である。内容は三部作からなり最初は被爆直後(夏の花)、次が避難先での戦後の苦しい暮らし(廃墟から)、最後が被爆前の日常(壊滅の序曲)である。私は順序通り読んでいって原爆炸裂の四十時間あまり前からもう一度最初に戻った。それで、笑ったりいがみあったりする平凡な日常があっという間に崩れてしまう恐ろしさがよけいに身に沁みた。たしか井上光晴の『明日』も同じような設定だった。

 「戦争文学」などというジャンルは本当は好きではない。一年にせめて一回でもその地獄絵図に目を向けるのが生きている者の務めではないかと、ささやかな供養の思い。

 

 

 

 

       死者たちに寄りそふおもひ八月来

 

 

 

 

猛暑

『死をみつめて生きる』 上田 正昭著

 副題は「日本人の自然観と死生観」。東日本大震災後、寺田寅彦博士の「日本人の自然観」のいましめを思い出したことがこれを書くきっかけになったとある。つまり災害の多い日本では自然は時として「厳父」として「遊情に流れやすい心を引き緊め」てきたが「西欧科学の成果を何の骨折りもなくそっくり継承した日本人」の現在のありようを「ただ天恵の享楽にのみ夢中になって、天災の回避の方を全然わすれているように見える」と戒めた一文である。まさに今回の原発事故などはこの警告そのものであるといってもよく、上田先生はそれゆえに自然と共に生きてきた日本人の原初の心を諄々と語られるのである。

「又、人はさらに云わず、鳥獣木草のたぐひ海山など、其余何にまれ、尋常(よのつね)ならずすぐれたる徳のありて、可畏(かしこ)き物を迦微(かみ)とは云なり」

本居宣長の言葉を引いて日本ではあらゆるものに神性をみいだしてきた。そのありようは決して未開・原始的なアニミズムとして下等に見られるものではなく、むしろこれからの世界の宗教の目指すべき方向を示唆するものではないかと言われるのだ。

 

 

梅雨明け以来連日の猛暑日である。昨日、一昨日と岐阜県は全国一の暑さを記録。諸々の出来事も重なって「勉強?」も中途半端である。

 

 

 

         早起きは三文以上猛暑かな