水無月

奥飛騨旅行  一日目

 県民割と旅コインの制度を使わせてもらって、小旅行をしようと思い立つ。制度利用の期限も間近く、天気の安定期間も考え、急遽宿の予約をする。二・三日前だったので空きも少なかったが、障害者の当方でも気兼ねなく温泉につかれそうで、お値段も手頃な宿が見つかる。

 一日の朝、8時出発。すでに相当に暑い。目的地は「新穂高ロープウェイ」。半世紀も前、職場の親睦旅行で訪ねて以来である。高速道路と一般道で約3時間。180キロの道のりである。乗っている分には緑の美しい車窓で申し分がないが、アップダウンが激しく運転手は相当緊張した模様。

 目的地11時到着。混んではいないが、ここでも暑い。昔は一段目のロープウェイしかなかったようだが(記憶がはっきりしない)、今は途中で乗り換えて一挙に2150メートル、展望台からは北アルプスの山々が目前に。山登りが趣味の人には見慣れた景色かもしれないが、雄大なパノラマにただただ感激する。笠ヶ岳、西穂高、焼岳などなど、高い嶺は谷筋にまだ雪が残る。残念なことに目の前の笠ヶ岳の山頂の雲が晴れない。さすが涼しいが、持っていった上着は必要なし。

西穂高

笠ヶ岳       

焼岳

 

      水無月の嶺雪残し円座組む

 

 一時間ほど雲上世界を楽しみ、乗り換え駅のしらかば平駅へ降りる。昼時間も過ぎていれば、ここのベーカリーショップ(アルプスのパン屋さん)で軽食を頂く。珍しいかなり美味しいパンである。ここの駅舎は新しく、障害者用多目的トイレも綺麗だ。(最近はこういう施設が充実していてありがたい)。

 時間はまだ2時、今日の目的はほぼ終了。宿に入るにはいかにも早いので絶景ポイントだという「北アルプス大橋」に寄ることにする。車のナビが反応しないので、初めてスマホのナビを使用。植物探索のアプリも役立つ。    

 3時早々とチックイン。我が身にとっては久しぶりの温泉である。万歩計のアプリが入れてなくて、どれだけ歩いたのかわからないのが残念で、宿で早速入れる。小ぢんまりした宿でBSも入らず野球が見られぬ連れ合いは、専らスマホの「一球速報」。それぞれネットばかり見ているのは、世の中の習性と一緒ということ。

 

奥飛騨の旅  二日目

 宿9時出立。今日もそれほど予定もないが、相変わらず朝から暑い。まず、「平湯大滝」による。岐阜県三大瀑布のひとつらしい。少し手前の駐車場から歩く。上り坂でかなりきつい。トシヨリ二人はフラフラノロノロ。沢の瀬音が激しく、蝉やら鳥の声が混じる。植物を探索し、鳥も調べる。20分ほど歩いてようやく大滝。さすがの落差である。瀬音が激しいばかりで、先客は誰もいない。

 

         大滝やどどろに混じる鳥の声

 

 駐車場に車中泊をしながら旅をしているお二人を見かける。車の上やらドアにケットらしきものをいっぱい干して車内のお掃除中である。若ければそういう旅もいいなあと見る。

 山を下り高山市内に。高山はもう何回も訪れ見るべきところもないと思っていたが、ネットで「光ミュージアム」というのを知る。ある宗教法人運営の美術館らしい。MOA美術館とかミホ・ミュージアムは行ったことがあるが、どんなものだろう。

 マヤの神殿に似せた異様な巨大な施設である。国宝の刀剣、日本画、西洋画などを多数収蔵展示していた。例えばモネ・ベラスケス・ユトリロゴッホなどなど。「エジプト展」が開催中であったが、これはみんなレプリカ。もうひとつの「北大路魯山人展」はわかりやすかった。海外のも含めて考古学史料も収蔵しているようだが、疲れたので小一時間で出る。

 例のごとく蕎麦屋で昼食、その後一挙に帰宅。到着は2時半。二日間の猛暑で鉢物はぐったり。夫はまず水やりである。

 

 

梅雨明

『戦争は女の顔をしていない』 スヴェトラーナ・アレクシェーヴィチ著 三浦みどり

 第二次世界大戦でのソビエットの戦死者は1450万人とも言われ、桁外れに多い。そして、この本によれば、100万人を越える女性も兵士として戦ったそうだ。十代の後半から二十代、若いみそらの女の子たちである。筆者はそうした女性たちの膨大な肉声を拾い集めた。

 過酷な戦いから、辛うじて生きて帰ってきた女たちの声は、長い間顧みられなかったばかりか、その身すら白眼視された。筆者の労苦で集められた証言集も、ソビエト時代には出版もかなわなかった。それは決して英雄譚ではなかったから。

 500ページ近く、びっしりと書かれた重苦しい証言である。ウクライナの今の戦争を想起させる。この本では同胞である彼等が、今は敵味方で戦っている。おぞましい人間という生き物。

 半分は読み終わったが、正直に言って、まだ読了できていない。

 

 この欄にいつもコメントを頂くふきのとうさんの、「県民割」でお出かけになったというブログを拝見した。それで急遽本格的暑さになる前にと、「県民割」で出かけることにしたのだが、早々と梅雨明けでどうなることやら。

 

 

 

       草丈の伸びるにまかせ梅雨明ける

 

 

 

トウカラスウリ

 

八重クチナシ

 スマホのカメラの写真を使ってみました。安いいつものカメラ映像よりきれいです。

 

明易し

『生きて帰ってきた男』 小熊 英二著

 これは、著者が自身の父親(謙二さん)の聞き手になって編んだ、オーラルヒストリーである。

大正末年に生まれた彼は、当時の庶民的な暮らしの中で成長、満19歳で招集された。1944年のことで、すでに日本には満足な軍装備品すらなかった。満州に送られ、そこで敗戦日を迎え、シベリア送りとなる。

厳寒の地((チタ)で四年間、体力的にひ弱だった彼だが、それでも生きて帰ってきた。

帰国後、結核に罹患、30歳まで療養所暮らし。30を過ぎ、懸命に働いて家庭を持ち、暮らしの安定を得る。しかし、その間に息子の一人を事故で失ったりもした。

彼が彼らしく特異な活動に力を入れたのは、老年になってからである。日本人の抑留者には僅かな慰労金が出ることになったのに、日本兵として戦わされながら、何の慰労もされない朝鮮人や台湾人のかっての兵士達。「朝鮮人を日本人として徴集しながら、現在外国人であるがゆえに支給しないのはおかしい」。彼は自分が受け取った慰労金の半分を、かって同じ収容所にくらした朝鮮出身の兵士に贈る。

その縁で、外国籍の兵士達が起こした裁判の共同原告にもなった。

決して「政治的人間」ではなかった彼が、「これは明らかな差別であり、国際的に通用しない人権無視であります。」と述べる陳述書は、感動的で説得力があったが、結果は最高裁での「請求棄却」で終わってしまった。

 

筋を通した生き方をされた謙二さん、この本の執筆当時はまだお元気であったようだが、今はどうであろうか。謙二さんの生きた時代は、二人の姉の生きた時代でもある。我が家は女性だったから兵役は免れた。しかし同じ時代背景の中で、ひとりの姉は早々と病に倒れ、ひとりの姉は安定した戦後の暮らしを得た。同じ混乱の時代を生き、そして今は多くは鬼籍にはいったその他の人々、その生涯を思うと、目頭が熱くなった。

 ところで、敗戦後の「シベリア抑留」は、ソビエトの全く不実な行為だと常々思っていたが、実際には関東軍との間で、密約があったと言うではないか。兵士達はどこまで裏切られていたのだろうか。

  

 

   

          亡き人の夢を反芻明易し

 

 

連れ合いの都合でスマホデビュー。あまり必要を感じていなかったが、利用料金は前より安くなりそう。使いなれるまでが大変。昨日は来訪した娘に特訓を受けた。

 

ビール

昔がたりをする。

 地方版に「戦争を語る」というコラムが不定期で掲載されている。先日、隣町の95歳の男性の体験談を読んでいて、名前に聞き覚えのあるような気がした。戦後、高校教師になったというくだりを読んで、はたと思い出し、旧友にメールをする。

 その日の午後、彼女から電話があって、当然ながら昔話となる。そして、くだんの人はやはり国語の先生だったということになった。

「あの当時の先生というのは随分個性派ぞろいだったわね」

と彼女。確かにいい意味で個性的でリベラルだった。それで一年生の担任だったS先生の話となる。入学して、いきなり推薦図書と黒板に書かれたのが、『鋼鉄はいかに鍛えられたか』だ。『車輪の下』もあったような気がするが、確かでない。

「あなた、あれ読んだ」「読んだわよ」「Kちゃんも読んだかしらん」

内容は、もうすっかり忘れてしまったが、田舎でぼんやり育った15歳には刺激的な推薦図書であった。が、まだ戦後の明るい息吹が残っていた時代だったということでもあるだろう。

 

 「このごろよく連絡しあっているね」とTに言われた。共通の過去が、空白の時間を一挙に縮めるらしい。後期高齢者のバアサン二人が、青臭い女学生に舞い戻って、気炎をあげている。

 

 BS映画『レインマン』を録画して観る。ダスティン・ホフマンの兄とトム・クルーズの弟。いくつかの賞に輝いた感動作品らしい。自閉症の兄を演じたダスティン・ホフマンの演技は素晴らしかったが、ストーリーにはあまり感動しなかった。障害者を扱った作品なら、前回観た『ギルバート・グレイブ』のほうが深みがあった。

 いよいよ梅雨入り。静かに読書をし、縫い物でもしよう。

 

 

 

  

        青春の日を語り合ひビール酌む

 

 

 

 

 

『ウマし』 伊藤 比呂美著

 伊藤さん好きのTから回ってきた。こちらも好きだからすぐ読む。難しいことはなんにもない。好きな食い物、懐かしい食い物、嫌いな食い物にまつわるエッセイ。別の本で、検診の結果「食べすぎ」と一刀両断にされて落ち込でおられたが、なんのなんのなかなかのこだわりだ。

 こちらの食欲を刺激されたのは、「おにぎり」と「ホットケーキ」。どっちも最近食べてない。外での「ホットケーキ」なんて、半世紀以上も前の高校生の頃の思い出。パーラーという高校生も入れそうな店では、「ホットケーキ」か「クリーム蜜豆」が定番だった。そう、郷愁のホットケーキ。

 おにぎりならコンビニのパリパリ海苔ではなくて、時間がたって海苔が湿ったものと伊藤さん。確かに湿った海苔のかおりが懐かしい。朝に作って昼に食べればいいようなものだが、これが出来ない。要するに面倒なだけなのだが。

 京都の「粉山椒」に痺れたとあったから、ネットで注文してみた。生産が減っているので一回の注文でひと缶だけとあった。家の山椒の木にも実らしきものができるのだが、いつも落ちてしまう。生産が難しいのかもしれない。

 伊藤さんはあんこが大好きのようだが、あんこと言えば、豆である。この所ずっと探しているが、どこにも売ってない「紫花豆」。これもこの際注文する。長野産と北海道産で大きさがも値段も随分違うが、さんざん迷ってまずはお安い北海道産。良ければ正月には長野産を。こちらも生産者が減って希少価値らしく、そのころには売り切れてないかもしれない。

 

 昨日、今日と激しい雷雨。樋が受けきれずナイヤガラの滝になっている。

 

  

 

 

 

        雷や鴉シャワーを浴びるごと

 

 

 

ウコンの花

ゴテチャ

 

夏の空

弥生遺跡と木曽三川公園へ

 本格的な暑さになる前にと、近場へ。

 まずは愛知県清須市にある「あいち朝日遺跡ミュージアム」。紀元前6世紀から紀元後4世紀まで営まれた大規模な集落跡である。清須のインターチェンジの建設で発掘された遺跡で、日本でも有数の規模を誇るという。主要な出土品2028点が重要文化財である。

 昔むかし考古学に詳しかった姉から勧められていたのだが、近すぎてなかなか機会がなかった。やっとの訪問である。

遺跡内の復元住宅。貝殻山貝塚などもある。

尾張地方特有の穴のある土器。用途は不明だが祭祀に関係するらしい。

ベンガラで彩色された土器。側面に線刻の模様。

銅鐸も出ている。この他巴型銅器、装飾品、農具など多数。湿地帯で腐食が進まず、きれいな形で出土したものが多いとのこと。

学芸員の方が親切に説明してくださる。写真撮影も可なのは嬉しい。

 

この後昼食。稲沢市の「あじさい寺」のつもりが、あまりの人出で変更。「木曽三川公園」へ。

甘い匂いの「スノーインサマー」。オーストラリア原産とか。

猫の毛のようにふわふわ。

こちらは日本の半夏生

睡蓮池

水郷の歴史を伝える「水屋」。昔小学生を引率して勉強にきた思い出。

軒先の舟。

タワーは点検修理中で入館できず。滔々たる三川を一望できず残念。橋の上からだが、河川敷の緑が眩しく、雲は美しい。

 

 

 

        夏の空木曽三川は静かなり

 

片かげり

『評伝 石牟礼道子』米本 浩二著

 良かったからとTに回してもらう。確かに興味深い中身であった。そして、ただただ石牟礼道子というただならぬ精神に圧倒された。

 あとがきで著者は「石牟礼道子の場合は底が見えない。」と書き、解説で池澤夏樹は著者の努力に敬意を払いつつ「それでも石牟礼道子はこの本からはみ出している」と書いた。その計り知れない魂に、並の人間が何おかいわんや。

 渡辺京二さんによれば、「『苦海浄土』は石牟礼道子私小説だ」ということだ。まずは、ノンフィクションと読み間違えていたところへ、読み戻らねばならない。

 

 石牟礼さんの「食べごしらえ」という言葉が気に入った。平凡な人間はせめて「食べごしらえ」ぐらいはちゃんとしなくては。今日は古い梅酒から取り出した梅をジャムにしてみた。マーマレードが底をついたら活躍しそう。

 

 

 

    亡くなりしいきさつをを聞く片かげり

 

 

 

「初霜」という銘柄だけに、田植えも収穫も遅いこの辺りの米作り。やっと水が入り始めて美しい。